コレクション: タムシバ

タムシバは、早春白い大きな花を咲かせます。名前の由来は、葉を噛むと独特な甘味があるため「噛む(柴)」からきております。
甘く華やかでリフレッシュする香りで、昔から生薬や香水の原料とされています。つぼみを乾燥させたものは「辛夷(しんい)」とよばれ、鼻炎や頭痛、熱、咳などに対する生薬とされることがあります。
タムシバ